どうしてもすぐにお金を借りたい時に役立つキャッシング術

どうしてもすぐにお金が必要になった方へ

急な出費やトラブルってありますよね?事故や病気、それから冠婚葬祭、仕事などなど…管理人である私は仕事の影響からどうしてもお金が必要になりました。
また、不運な男でして学生時代にハニートラップにかかりトラブってお金が必要になった事もあります。
どちらも大変でしたが、なんとか今では平和な日々が送れています。
そんな私の経験も含めて今すぐにでもお金を借りたい時に役立つかもしれない?私なりのキャッシング術を紹介しています。
どうしてもお金が必要になった時に少しでも皆さんの参考になればと思います。

 

早くお金を借りるには?最短最速のキャッシングは?

お金を借りるには銀行、それから消費者金融、クレジットカードがあります。銀行と消費者金融ではカードローンでのキャッシングです。
クレジットカードは機能として付いているキャッシングです。クレジットカードを既に持っている人はクレジットカードでのキャッシングが最短最速です。

 

キャッシング限度額が何も利用していないと10万円とかそれぐらいの金額になっていると思います。10万円程度のお金が必要でクレジットカードを持っているならその方法がおすすめです。

 

それ以外の場合なら消費者金融か銀行でカードローンに申し込みましょう。どちらでキャッシングしても大差はありませんが、早く借りれるのは断然に消費者金融です。即日審査で融資をしてくれる業者が多いので最速でキャッシング出来る可能性が高いです。ただし注意しなければいけないのは無職では利用出来ません。

 

最低でもアルバイトやパートをしている必要性があります。
反対に銀行はCM等でよく見かけるうえに色々なところへのスポンサーとして露出しているのでイメージが良いです。なので借入している事が誰かにバレても怪しいイメージはありませんね。銀行も即日融資を行っているところはありますが、まだまだ審査への壁が厚く即日融資は難しい場合が多いです。

 

明日までに借りないとマズイとか今日中にはお金が必要といったようなら銀行ではなく消費者金融へキャッシング申し込みすることをおすすめします。もし、銀行を利用するなら少額融資ではなくある程度大口でのキャッシングの時に利用すると金利も消費者金融やクレジットカードでのキャッシングよりも安く返済負担が少なく借入が出来ます。
希望の借りたい金額といつまでにお金が必要なのかをハッキリさせておく事で銀行、消費者金融、クレジットカードの中からどこからキャッシングすれば良いのか最短最速で選べます。

 

 

キャッシング申し込みをする上で必要な提出書類とは?

借入先は決まったものの提出書類が揃ってなければすぐには融資が受けられません
最低限必要な書類としては身分を証明出来るものが必要です。免許証やパスポート、健康保険証などがあれば問題ありません。そして融資金額によっては所得証明書が必要になる事も。ほとんどの場合では、消費者金融なら50万円以上かつ他社からの借入額が合計100万円以上のどちらかにでも当てはまるなら必要です。銀行各銀行によって大きく変化はあるものの100万円以上や300万円以上といった基準が高いです。一番多い利用者は少額融資でのキャッシングなので所得証明書は必要ない事がほとんどです。審査に関しては消費者金融でも銀行でも安定した職に就いていて何年単位で在籍しているなら基本的に通ると考えていいでしょう。(収入と融資金額による)
私の場合は無名の小さい会社の会社員として2年は在籍していて年収は平均年収よりも結構下回っていたもののキャッシング審査に通りました。無職の場合ならお金を借りる方法を変えなければいけませんが、働いているならまず問題ないでしょう。

関連リンク

債務整理に強いおすすめの弁護士事務所